動物・海洋・ペット業界コラム
ペット業界

警察犬訓練士になるには?資格は必要?給料や仕事内容を公開!

警察犬訓練士になるには?資格は必要?給料や仕事内容を公開!

「警察犬を育てる仕事をしてみたい」

「警察犬訓練士になるにはどうしたらいいの?」

警察犬訓練士という仕事に興味があり、就職の仕方や給料事情が気になる人も多いでしょう。

警察犬訓練士になるには、警察官になる以外に民間の就職口があります。就職するためには求められる知識や能力があるため、警察犬訓練士の仕事をよく理解しておくのがおすすめです。

こちらの記事では、警察犬訓練士になるための方法や必要な資格、給料事情などを詳しく解説します。

警察犬訓練士に興味がある人はぜひご覧ください。

警察犬訓練士とは?

警察犬訓練士とは?

まず、警察犬訓練士の仕事内容や職業についてご説明します。

警察犬訓練士は、警察の捜査に必要不可欠な警察犬を育てる職業です。

テレビなどでよく見かける警察犬は、指示にきちんと従い、状況に応じた行動をするとてもお利口な犬です。そのような賢い警察犬になるためには、正しいしつけや訓練をしなければいけません。

人間の場合はひとりで複数名をまとめて集団指導できますが、犬は一頭ずつ向き合って教える必要があります。犬との親和性や絆を深めながら訓練することも、警察犬訓練士の大切なお仕事です。

警察犬訓練士とドッグトレーナーとの違いを解説

警察犬訓練士とドッグトレーナーとの違いを解説

警察犬訓練士は、警察犬以外に一般家庭の犬のしつけも行うことがあります。

家庭犬をしつける職業はドッグトレーナーと呼ばれますが、警察犬訓練士とは具体的に何が違うのでしょうか?

警察犬訓練士とドッグトレーナーの違いについて解説します。

警察犬訓練士

警察犬訓練士は基本的に、警察犬・災害救助犬・麻薬探知犬などを中心に育てます。

これらの犬は使役犬(しえきけん)と呼ばれ、人間の100万倍ともいわれる嗅覚を人のために活かす特別な犬です。

それぞれの使役犬には次のような行動が求められます。

  • 警察犬:犯人の匂いや痕跡を頼りに追跡する
  • 災害救助犬:ガレキや見えないところに隠れた人を捜索する
  • 麻薬探知犬:郵便物やスーツケースに入った麻薬を探知する

訓練によって鍛えられた使役犬は、適切なタイミングで吠える・引っ掻くなどのサインを出します。

使役犬が一人前になるために、服従訓練や臭気選別訓練などをほどこすのが警察犬訓練士の役割です。

ドッグトレーナー

警察犬訓練士が状況に応じて吠えたり引っ掻いたりすることを教える一方、ドッグトレーナーは家庭犬に対して反対のことを教えます。

ドッグトレーナーは、ペットの問題行動を解決するのが大きな役目です。ペットの中には噛み癖や吠え癖がある犬や、散歩でいうことを聞かない犬などがいます。問題行動のある犬に正しいしつけを行い、飼い主が困っていることを解決できるように務めます。

ドッグトレーナーについては、さらに詳しくまとめた次の記事をご覧ください。
ドッグトレーナーになる方法!仕事内容から就職先や年収までを全まとめ!

結論として、警察犬訓練士とドッグトレーナーの違いは、育てる犬や訓練内容の違いとなります。

ただし、両方の業務を並行して行うケースもあると覚えておきましょう。

警察犬訓練士になるための条件は?必要な能力を解説

警察犬訓練士になるための条件は?必要な能力を解説

警察犬訓練士になるためには、犬に関する全般的な知識を持っている必要があります。

警察犬訓練士の仕事内容は、訓練やしつけだけでなく犬の世話も含まれます。犬の様子や排便から健康状態をチェックしたり、栄養バランスを考えた食事を与えたりするのも仕事です。

また、意欲を引き出しながら訓練をするためには、犬種ごとの性格を理解しておく必要もあります。

「犬が好き」という気持ちも大切ですが、幅広く専門的な知識も欠かすことができません。

警察犬訓練士になるのに必要な試験や資格はある?

警察犬訓練士になるのに必要な試験や資格はある?

警察犬訓練士は犬に関する知識が求められるとお伝えしましたが、必要な試験や資格があるのか気になる人も多いはずです。

基本的に、警察犬訓練士に就職する段階では、試験や資格は必須ではありません。

ただし、就職後に必要となる資格や、就職に有利になる資格はあります。

また、警察官になって警察犬訓練士を目指す場合は試験を受けることになります。

ここでは警察犬訓練士に関する次の試験・資格について解説します。

  • 警察官採用試験
  • 公認訓練士
  • ドッグトレーナーライセンス
  • ペット栄養管理士

さっそく見ていきましょう。

警察官採用試験

警察官から警察犬訓練士を目指す場合に必要な試験です。

警察官採用試験には国家公務員と地方公務員の試験がありますが、キャリア官僚を目指す人以外は基本的に地方公務員となります。

試験は都道府県ごとに行っており、警察官になりたい土地で試験を受けます。

試験内容は、政治・経済などの教養試験や体力テストなどがあります。

試験を受けるにはおおむねの身長や体格について要件があるため、各都道府県警のサイトから確認しておきましょう。

公認訓練士

公認訓練士は、日本警察犬協会による民間の訓練士資格となります。

公認訓練士の試験を受けるには、まず民間の警察犬訓練所に就職し、訓練を重ねながら受験をするのが一般的。

日本警察犬協会において、訓練士の階級は5等級に分かれています。

始めは三等訓練士からスタートし、一番上の一等訓練士長になるには最短でも18年程度と長い道のりなのです。 また、訓練士の資格は2年おきに更新が必要とされています。

ドッグトレーナーライセンス

日本ドッグトレーナー協会が制定する資格です。

ドッグトレーナーライセンスを取得すると、次のことができるようになります。

  • 問題行動を起こす犬に対し、性格や特性を理解したうえで調教できる
  • 飼い主に実践的なアドバイスができる

資格はA級・B級・C級の3種類あります。

C級は犬との接し方などが主な内容に対し、A級は飼い主とのロールプレイカウンセリングなど難易度が上がります。

就職時に資格を保持していると、犬のしつけに関する技術や知識が備わっていることを証明できるでしょう。

ペット栄養管理士

日本ペット栄養学会による民間資格です。

犬に限らずねこ・うさぎなど、食事による栄養管理や健康維持について知識があることを証明できます。 資格取得によりペットフードの原料や添加物について分かるほか、与えてはいけない食べ物やアレルギー症状などについても学べます。

受験するためには、ペット栄養学会が開催する講習会の受講修了証が必要です。

警察犬訓練士になるには?3つの目指し方を紹介

警察犬訓練士になるには?3つの目指し方を紹介

警察犬訓練士になるには、主に3つの目指し方があります。

  • 警察官になる
  • 大学に行く
  • 専門学校に行く

目指すのは同じ職業であっても、どの方法を選ぶかで警察犬訓練士になるまでの過程は変わります。

それぞれの目指し方について見ていきましょう。

警察官になる

警察官になって警察犬訓練士を目指すには、警察の鑑識課に配属される必要があります。

とはいえ、希望したからといって鑑識課に配属となるわけではありません。

警察官になりたての頃は、交番勤務や地域の安全対策係など、警察犬に関わる機会は少ない可能性があります。

「警察官としての職務を全うしながら、いずれ警察犬の担当になれたらいいな」という気持ちなら、警察官になるのもいいでしょう。

警察犬訓練士に1日でも早くなりたい人は、続いてご紹介する大学や専門学校に行く方法をおすすめします。

大学に行く

大学から警察犬訓練士を目指すには、動物に関する知識を身に付けておくといいでしょう。大学では獣医学や動物行動学といった学科があります。

獣医学では、動物の病気の治療法など高度な知識を身に付けられます。ただし6年制のため、卒業するまで長いのが難点です。

動物行動学では、犬の習性や心理をより深く読み解くためのヒントが得られるでしょう。

大学で得た知識は警察犬訓練士のみならず、さまざまな仕事へ繋げられるはずです。

専門学校に行く

専門学校には、ドッグトレーナー専攻や動物福祉に関する専攻などがあります。

ドッグトレーナー専攻では、主に犬の問題行動に関する論理的知識や、しつけに関する本格的トレーニングを学べます。

また、動物福祉も警察犬訓練士には役立つ知識といえます。

民間の警察犬訓練所では健康な犬ばかりではなく、老犬やリハビリが必要な犬を預かるケースがあります。

そのような場面で、動物理学療法の知識や介護サポートの技術が活かせるでしょう。 専門学校は、就職に役立つ資格援助制度が手厚いのも特徴です。

専門学校を卒業するのが一番おすすめ

専門学校を卒業するのが一番おすすめ

警察官や大学から目指すより、警察犬訓練士になるための知識が学べる専門学校がおすすめです。警察犬訓練所によっては、訓練士のほとんどが専門学校の卒業生という場合があります。

TCA東京ECO動物海洋専門学校でも、ドッグトレーナー専攻から何人もの卒業生が警察犬訓練所に就職しています。本校では、ひとり当たり2~3頭の担当犬を持ち、実践的なトレーニング演習をおこなっています。

実際に就職すると、教科書で学んだことより、経験して得た知識の方が役に立つことが多いです。そのため、全カリキュラムにおいて約70%を実技・実習に充てています。

警察犬訓練士として即戦力となれるよう、知識やスキルを専門学校で身に付けておくことを検討してみてください。

警察犬訓練士の就職先は?採用試験は難しい?

警察犬訓練士の就職先は?採用試験は難しい?

警察犬訓練士の就職先は、直轄と嘱託の2種類に分かれます。

直轄の警察犬訓練士は、就職先が警察官となります。

一般的に多いのは、嘱託の警察犬訓練士として民間の訓練所に就職するケースです。民間の訓練所の採用試験は、一般企業と同じく履歴書による書類選考や面接がおこなわれます。採用においては、犬の世話が好きなことや体力があることを重視される傾向にあります。

また、犬のしつけや訓練の経験がある人は優遇されることが多いです。そのため、犬を育てることへの愛情や、訓練の知識と技術をアピールするのが採用試験突破のカギとなるでしょう。

見習い警察犬訓練士の1日

見習い警察犬訓練士の1日

警察犬訓練所に就職すると、ほとんどの場合まずは見習いからスタートします。

訓練所により若干の違いはあるものの、見習い訓練士は次のような1日を過ごします。

7:00 犬の排煙管理、犬舎清掃
8:00 訓練士の朝食
8:30 犬のしつけ・運動・訓練後、犬の朝食
12:00 訓練士の昼食
13:00 犬の訓練
17:00 犬の排便管理
18:00 犬の夕食
19:00 訓練士の夕食・ミーティングなど

出典: 日本警察犬協会│見習い訓練士の1日

見習い訓練士は朝が早く夜も遅くなる可能性があるため、住み込みや寮が用意されていることが多いです。

1日の業務内容や仕事の流れが分かると、「給料はどうなの?」と気になる人も多いのではないでしょうか。

続いては、警察犬訓練士の給料事情をご紹介します。

警察犬訓練士の平均年収は?気になる給料事情

警察犬訓練士の平均年収は?気になる給料事情

直轄の警察犬訓練士の場合、公務員と同レベルのため平均年収は約200万円〜400万円が相場です。

一方、嘱託の警察犬訓練士は平均年収がおよそ200万円といわれています。

さらに、見習い時代は毎月の給料が0円〜9万円のところもあるようです。

見習い訓練士の給料が低いのは、住み込みや寮で生活するため、住居費があまり掛からないからと考えられます。正直なところ、始めのうちはあまり高い給料を期待できません。

しかし、優秀な警察犬を育てれば、その分重宝される人材となり給料にも反映されやすくなるでしょう。

また、経験を積めば高待遇の職場へ転職したり、自分で訓練所を開業したりすることも可能になります。

警察犬訓練士の大変なこと

警察犬訓練士の大変なこと

犬が好きな人であっても、警察犬訓練士の仕事が大変と感じるときがあります。

まず、警察犬訓練士は体力勝負のお仕事です。朝早くから夜遅くまで働くことが多いうえ、犬に合わせて体を動かすため体力を消耗します。

ときには訓練が上手くいかず犬にイライラしたり、住み込みの生活でホームシックになったりと、精神的にきつく感じることもあるでしょう。

また、警察犬訓練士は引退した警察犬の世話をする機会があります。犬が好きだからこそ、老衰で弱っていく姿や最期を看取るのもつらく大変なことです。

警察犬訓練士のやりがい

警察犬訓練士のやりがい

警察犬訓練士の仕事がきつくても続けられるのは、大きなやりがいがあるからといえます。警察犬は日々誰かの命を救ったり、犯人逮捕に貢献したりと活躍しています。

警察犬のお手柄が表彰される姿を、ニュースなどで見たことがある人も多いと思います。自分の育てた警察犬が功績をあげるのは、とても誇らしい気持ちになるはずです。

また、犬の成長を見守ることで感動や喜びを得る機会も多くなります。

警察犬訓練士として一頭一頭の犬に関わり、社会貢献を果たすまでに育てるのは簡単なことではありません。だからこそ、自分の育てた犬が立派な警察犬になったときは、ひと際こみ上げるものがあります。

警察犬訓練士に向いているのはどんな人?

警察犬訓練士に向いているのはどんな人?

警察犬訓練士に向いているのは、次のようなタイプの人です。

  • 根気のある人
  • 感情的にならない人
  • 面倒見が良い人

警察犬はペットと違って、指示をきちんと守る必要があります。指示を守らせるためには、繰り返し根気よくしつけを行うことになります。訓練が上手くいかなくても、感情的に怒って従わせるのは自分にも犬にも良くないです。

そのため、いつでも落ち着いた気持ちを保つことが求められます。

また、犬の世話をするためには面倒見の良さも大切です。

犬の排便処理や犬舎の清掃など、あまりやりたくない業務でも犬のためにしなければいけません。献身的な姿勢で犬と向き合いましょう。

警察犬訓練士の将来性は?

警察犬訓練士の将来性は?

技術の発展や時代の変化により、職業の将来性が気になる人も多いのではないでしょうか。結論から述べると、警察犬訓練士の仕事はこれからも需要のある仕事と予想できます。

警察犬の制度は100年ほど前から始まっており、現代まで続いています。人間だけでは不可能なことも、警察犬の力があれば成し遂げることができます。

警察犬は、人命救助や犯人逮捕にもはや欠かせない存在といえるでしょう。

そしてその警察犬を育てるには、犬の生態を理解し訓練をほどこす訓練士が必要不可欠です。

警察犬訓練士は専門性が求められるうえ、属人性が高く替えのきかない仕事だといえるでしょう。

まとめ:警察犬訓練士は捜査に役立つ犬を訓練できる意義のある仕事

まとめ:警察犬訓練士は捜査に役立つ犬を訓練できる意義のある仕事

今回は、警察犬訓練士になるための方法や給料事情などを詳しく解説しました。

警察犬訓練士は警察犬を育てることで、間接的に人助けのできる意義のあるお仕事です。警察犬訓練士になるには警察官になるか、民間の訓練所に就職するかの2つの道があります。

民間の訓練所で働くのが一般的であり、訓練士として採用されるのは専門学校の卒業生が多いです。

TCA東京ECO動物海洋専門学校では犬の訓練を学べる専攻があり、これまでに何人もの警察犬訓練士を輩出してきました。

専門学校に通うことは、警察犬訓練士になるための近道となるはずです。

警察犬訓練士は、大好きな犬と一緒に成長していける未来を歩めます。 興味がある方は、ドッグトレーナー専攻ページの確認と資料請求を行ってください。