動物・海洋・ペット業界コラム
自然環境業界

山岳ガイドになるには?山岳ガイドの学校や仕事内容を公開!

山岳ガイドになるには?山岳ガイドの学校や仕事内容を公開!

自然ブームの需要が高まり、山岳ガイドに注目が集まっています。山岳ガイドは、山の案内はもちろん、気候の変化や山のトラブルから登山客を守るのも仕事です。

山岳ガイドになるには 、数多くの山に登った経験と幅広い知識が必要です。「公益社団法人日本山岳ガイド協会」の資格を取得すれば、活躍の場も広がります。

山岳ガイドの試験は難易度が高く、取得までに長い年月がかかります。試験に合格するためには、対策も必要です。専門学校に通えば、試験についての準備ができます。

この記事では、山岳ガイドの資格のほか、山岳ガイドになるための費用や期間についてまとめました。将来性や給料、就職先についても解説します。

山岳ガイドに興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

山岳ガイドとは?

山岳ガイドとは?

山岳ガイドとは、登山客の安全を確保しつつ、道案内をする仕事です。天候や登山客の体調などを見つつ、危険時には正しい判断をしなければなりません。

山に関するガイドには、以下の3つのレベルがあります。

  1. 自然ガイド
  2. 登山ガイド
  3. 山岳ガイド

「自然ガイド」は、ハイキングをしながら自然や歴史などをガイドするのが仕事です。

「登山ガイド」は、整備された山を案内します。

「山岳ガイド」は、難易度がアップし、雪山や崖、谷などハイレベルコースを案内できるスキルが必要です。

海外の山をガイドできる「国際ガイド」や、スキーのインストラクター、クライミングの資格を取得しオリジナルの強みを持つガイドもいます。顧客のニーズを満たせるガイドに人気が集中する傾向があります。

山岳ガイドには資格が必要?

山岳ガイドは資格が必要なのでしょうか。資格について詳しく解説していきます。

山岳ガイドになるためには資格は必須ではない

山岳ガイドになるためには資格は必須ではない

山岳ガイドになるためには、資格は必須ではありません。「山岳ガイドです」と名乗れば、その瞬間から活動ができます。

しかし、難易度の高い山に登る場合、登山者を安全にガイドする責任があります。登山客も「信用できるスキルの高い山岳ガイドに依頼したい」と考えるでしょう。

資格は必須ではありませんが、やはり無資格のガイドよりも資格を持っているガイドが選ばれる傾向にあります。

今後山岳ガイドとしてキャリアを重ねるなら、山岳ガイドの資格は取得した方が信用が向上します。

公益社団法人日本山岳ガイド協会

公益社団法人日本山岳ガイド協会

「公益社団法人日本山岳ガイド協会」は、日本で唯一山岳ガイドの資格を認定している協会です。資格の認定の他に、ガイドの養成や研修も行なっています。

自然保護に関する教育指導者も育成しており、正しい登山の普及と発展に貢献しています。

もともとは、「社団法人日本アルパイン・ガイド協会」として設立されましたが、現在は環境省が管理する法人となっています。日本に限らず、アルプス山脈、ヒマラヤ山脈などを案内できる国際ガイドの認定も行う団体です。

山岳ガイドになるには?

山岳ガイドになるには?

山岳ガイドの進学先には、以下の3つのパターンがあります。

  1. 専門学校
  2. 大学
  3. 短大

山岳ガイドになるには、どの学校が良いのかを解説します。

専門学校

専門学校

山岳ガイドを目指すなら、専門学校に通う道がおすすめです。実際に山で行うフィールドワークはもちろん、自然や環境、植物や動物など幅広い授業が学べます。

プロガイドによる授業では、登山の基礎を体験します。同級生との交流を楽しみながら行う、アウトドアの授業が人気です。

登山の装備についての授業もあり、本格的な野外活動も行います。山岳ガイドの必須スキルである危機管理について学生のうちから学べるのもメリットです。実技が多いのが専門学校の大きな魅力です。

大学

大学

山岳ガイドになりたい方は、大学への進学の道もあります。しかし、山岳ガイドに特化した学科は少ない傾向です。

大学には環境問題や生物学を学べる学科があり、自然に関する幅広い知識が学べます。山をガイドする際に役立つ、道に咲く植物や歴史の知識を得ることができるでしょう。

山岳ガイドを目指すことは可能ですが、授業で実習がないのがネックでしょう。卒業後に山を学べる企業に就職し、経験を重ねる必要があります。

短大

短大

短期大学も大学と同じで、専門学校のような山岳ガイドに特化したコースは少ない傾向にあります。

短大の場合も、卒業後に山岳ガイドについて学べる企業に就職する必要があります。

山岳ガイドに特化した実習はありませんが、自然環境に関するフィールドワークの授業があります。山のガイドに役立つ、広い範囲の知識を学ぶことは可能です。

山岳ガイドになるための費用や期間は?

山岳ガイドになるための費用や期間は?

山岳ガイドになるには 、どれぐらいの費用や期間が必要なのでしょうか。今回は公益社団法人日本山岳ガイド協会の資格試験を基準に解説します。

費用

費用

山岳ガイドの費用については、公益社団法人日本山岳ガイド協会の「山岳ガイドステージⅠ」を基準に説明します。

まず一次試験では、「書類審査」「体力・適性試験」「筆記試験」が行われます。

書類審査 5,000円
体力・適性試験 30,000円
筆記試験 15,000円
合計:50,000円

二次試験に進むと「無積雪期講習」「積雪期講習」があり、このあと「残雪期講習」「雪崩対策技術検定」「ファーストエイド講習会」に進みます。

無積雪期講習 75,000円
積雪期講習 60,000円
残雪期講習 60,000円
雪崩対策技術検定 60,000円
ファーストエイド講習会 40,000円
合計:295,000円

一次試験と二次試験を合計すると、資格試験を受けるだけで345,000円 の費用が必要だということがわかります。

期間

期間

山岳ガイドについて学べる専門学校に通った場合、2年間の学生期間があります。

山岳ガイドの試験は雪山で行われる講習もあり、四季を通して試験が続きます。

一次試験の書類審査は4月1日にスタートし、筆記試験は6月2日に終了します。二次試験に進むと、無積雪期講習のあと、積雪期講習を受けるので山に雪が降る3月まで待たなければなりません。5月にある残雪期講習を受け終了です。

4月に始まり年をまたいで5月に終了するので、合格まで約1年間の試験期間があります。

卒業後に試験に合格した場合、最短3年で山岳ガイドのデビューが可能です。

山岳ガイドの仕事内容

山岳ガイドの仕事内容

山岳ガイドは、登山客を安全に目的地に案内するのが仕事です。エリアを固定するパターンと日本全国をエリアとする2種類のタイプがいます。

エリア固定型の山岳ガイドは、得意な山や住んでいるエリアに限定してガイドをします。山を知り尽くしているので、豊富な経験値があります。危険な場所や天候のクセも熟知しているので、安心してガイドを依頼できるでしょう。

日本全国をエリアとする山岳ガイドは、日本中の山の知識を持つプロ中のプロです。10年以上のキャリアがあり、日本でも数人しかいません。初心者には案内できない、難易度の高い山にも対応できるスキルを持っています。

山岳ガイドのやりがい

山岳ガイドのやりがい

山岳ガイドのやりがいは、担当した登山客に喜んでもらえることが1番でしょう。難しいルートを全員で安全に下山できた瞬間に達成感を覚えます。

日本全国のルートだけではなく、山の植物や野生動物にも詳しくなります。気候の変化や危機管理能力も身につき、スペシャリストとして成長できる環境です。

山は何が起きるかわからず、危険をともなう仕事です。自然にふれあいながら、責任感と冷静さが身につくメリットもあります。

山岳ガイドにはどんな人が向いている?

山岳ガイドにはどんな人が向いている?

山岳ガイドに向いている人は以下の3つの条件が必要です。

  • どんな時でも冷静に対処できる
  • お客様を楽しませるトーク力や企画力
  • 優れたホスピタリティや気遣い

山岳ガイドはどんな時でも冷静に対処できる人が向いています。天候の悪化や怪我のトラブルがあっても、慌てずに対応できる知識や経験値を必要とします。

山の知識はもちろん、お客様を楽しませるトーク力や企画力も必要です。人気ガイドは、お客様に選ばれるセンスを持っています。優れたホスピタリティや気遣いができる方が向いている職業です。

山岳ガイドの就職先は?

山岳ガイドの就職先は?

山岳ガイドは3パターンの就職先があります。

  • フリーランス
  • ガイドツアーのある旅行会社
  • スキーやキャンプなどを取り扱うアウトドア会社

それぞれを比較し、自分に合う就職先を見つけましょう。

フリーランス

フリーランス

ほとんどの山岳ガイドは、フリーランスとして活動をしています。

山岳ガイド一本で生計を立てている方もいますが、ほんのひと握りです。簡単なトレッキングのみ場合は、サラリーマンの副業としてガイドをしている方もいます。

最初からフリーで活動をする方もいますが、ほとんどがどこかに就職して経験値を重ねてから独立をします。

フリーの場合、山に入れない季節は、勉強期間にあてたり、他の仕事をしたりしましょう。

いきなり独立するのではなく、安定的な収入を得られる環境に身を置くのが理想です。そこで経験を重ね、必要な資格と知識を勉強しましょう。

ガイドツアーのある旅行会社

ガイドツアーのある旅行会社

旅行会社に就職をすれば、安定した給料を得ながら山岳ガイドの仕事ができます。大手ではなく、山に特化した小さな旅行会社がおすすめです。

旅行会社に就職した場合、一般的な観光ツアーのガイド、空港・駅・ホテルや空港への送迎など仕事は多岐にわたります。

外国人観光客の需要があるため、語学力のある人材が求められています。旅行会社の中には、業務に必要な資格取得のサポートがある企業もあります。

スキーやキャンプなどを取り扱うアウトドア会社

スキーやキャンプなどを取り扱うアウトドア会社

山岳ガイドの就職先には、スキーやキャンプなどを取り扱うアウトドア会社もおすすめです。山岳ガイドだけではなく、インストラクターなどの資格や知識が必要です。

大きな企業の場合は分業されていますが、小さな会社の場合は業務を兼任できる人材が求められます。アウトドアグッズの販売など、物販の業務も同時におこないます。

季節によって登山ができない時期は、スキーのインストラクターの管理や経理などの業務をこなす場合もあります。収入が保証されるので、駆け出しの山岳ガイドにおすすめです。

山岳ガイドの将来性は?

山岳ガイドの将来性は?

日本の国際山岳ガイド連盟は、2020年に国家資格の導入を目指し国と協議をスタートしました。これは、山のガイドが人の命を預かる責任のある仕事であることが理由です。

現在の日本では、名乗れば誰でも山岳ガイドの仕事ができます。しかし、今後無資格のガイド行為が禁止になる可能性があります。

山岳ガイドが国家資格となれば、職業自体の信頼度が上がり、依頼も増えることが期待できます。

山岳ガイドの給料はいくら?

山岳ガイドの給料を雇用の場合、フリーの場合に分けてそれぞれ解説します。

雇用の場合

雇用の場合

旅行会社やアウトドア会社での雇用の場合、他の仕事との兼任するパターンが一般的です。

ガイドの仕事以外の日は、事務作業など一般的な社員と同じ業務をこなします。

正社員の場合は、16〜30万円。アルバイト雇用の場合は、時給の平均は1,000〜1,200円が相場です。

山岳ガイド一本で生計を立てるには、長い期間と幅広い知識が必要です。一般的な企業に入り、安定した収入を得ながら副業をする方もいます。

フリーの場合

フリーの場合

フリーの場合は山岳ガイドの経験値やレベルにより収入に大きな差があります。

ガイドの料金は、山や季節にもよりますが、1日30,000円程度 になることが多いようです。

単純計算で20日間の山岳ガイドの仕事をしたとすると1カ月間で600,000円(30,000円×20日間)となります。

なお、フリーの登山家として活動している方の中には、テレビに出演したり、執筆活動を行なったりする方もいます。セミナーや講演会を定期的に行えば、大きな収入を得ることが可能でしょう。

まとめ:学生のうちに山岳ガイドの知識を学ぼう

学生のうちに山岳ガイドの知識を学ぼう

山岳ガイドは、山のプロフェッショナルです。今後予想されるインバウンド需要拡大を受け、山を案内できる人材の育成が求められています。

TCA東京ECO動物海洋専門学校」の では、キャンプや登山などの山での実習はもちろん、ガイドに必要な自然や危機管理の知識も学べます。また、環境保護や野生動物保護に関する学習もできるため、多方面の知識を身に着けることができます。

山岳ガイドの資格取得に向けても学べるので、実践的に知識を身に着け、難易度の高い試験にチャレンジしたい方にはおすすめです。

今ならオープンキャンパスや体験入学無料の資料請求を行っています。

学生のうちから山岳ガイドの知識を身に付ければ、ほかの人材と差をつけられます。

山岳ガイドは、登山客の命をあずかる責任があります。同時に山のおもしろさを教える魅力的な仕事です。多くの人に選ばれる人気の山岳ガイドを目指しましょう。