動物・海洋・ペット業界コラム
ペット業界

ペットを守る栄養管理士になるには?資格や給料、就職先まで一挙紹介

ペットを守る栄養管理士になるには?資格や給料、就職先まで一挙紹介

ペット栄養管理士は、トリマーやペットシッター、動物看護師、ドッグトレーナーなど、ペットの食事や健康をサポートする仕事です。

「ペットフードの選び方を知りたい」

「手作りの食事を作ってあげたい」

「食事や健康管理に関する正しい知識を覚えたい」

健康をサポートできるペット栄養管理士に興味があるけれど、資格を取得する方法や就職先があるのかなど気になる人もいるでしょう。

この記事では、ペット栄養管理士の受験資格が得られる認定校TCA東京ECO動物海洋専門学校が、ペット栄養管理士になる方法や給料、就職先、将来性などを説明します。

ペット栄養管理士は、ペットを扱う仕事全般で有効な資格です。

取得すればペットの食事や健康をサポートしたり、飼い主に正しい知識を教えられるようになったりします。ぜひ最後まで読んでみてください。

ペット栄養管理士とは

ペット栄養管理士とは

ペット栄養管理士とは、2002年5月に日本ペット栄養学会がペットの健康を支える目的として食事や栄養管理、ペットフードの品質向上を促すために作られた民間資格です。

ペットは人とは違う栄養素が必要だったり、摂取してはいけないものがあったりします。

ペット栄養管理士になると、必要な栄養素やライフステージにあわせた食事や量など、正しく取り扱えるようになります。

食事や健康管理などプラスαのサービスを提供できるペット栄養管理士は、トリマーペットシッター動物看護師ドッグトレーナーアニマルセラピストなどペットと深く関わる仕事にも活かせるのが特徴です。

ペット栄養管理士の仕事内容は?

ペット栄養管理士の仕事内容は?

ペット栄養管理士は、ペットの食事のサポートをしたり、飼い主に食事の知識や作り方などを伝えたりするのが仕事です。

ペットショップや動物病院など、ペットのお世話ができる環境の場合は、栄養管理士が体調をみつつ食事を作ったり必要な量を与えたりできます。

ですが、一般家庭で育てられているペットは飼い主が食事や健康管理に気をつけてあげなければいけません。

ペットに「どんな食事を与えたらいいか分からない」と悩む飼い主さんへ食事指導できるのも、ペット栄養管理士の仕事の一つです。

ペット栄養管理士のやりがい

ペット栄養管理士のやりがい

ペット栄養管理士になると、たとえば以下のやりがいがあります。

  • ペットに手作りフードを与えられる
  • ペットの年齢にあわせた食事がわかる
  • ペットにあわせた栄養管理や食事量をアドバイスできる
  • ペットの健康管理ができる

ペットは自分で食事を選べません。飼い主に与えられた食事をして成長していきます。

そのため、食事量や栄養管理が適切でないと、ペットは病気になったり体調を崩したりする場合があります。

Web上の情報や書籍だけでは、ペットの情報は足りていません。間違った情報が流れている場合もあります。

食事の選び方や作り方、健康管理の仕方などをアドバイスし「ペットが元気になった」「たくさん食べてくれるようになった」など、飼い主に喜んでもらえるとやりがいを感じます。

ペット栄養管理士に向いている人の特徴

ペット栄養管理士に向いている人の特徴

ペット栄養管理士に向いている人は、ペット好きと言うだけではありません。

たとえば、以下のような人もペット栄養管理士に向いています。

  • ペットの食事を手作りしたい人
  • 年齢や体型ごとにペットに合う食事を与えたい人
  • ペットの病気を予防したい人
  • ペットの栄養管理方法を他の人にも伝えたい人

ペットは人間と同じように、食事によって体調を崩したり病気になったりします。

そのため、ペット栄養管理士の資格を取得して「ペットの食事を作りたい」「ペットの体調管理をしたい」と考える人も多くいます。

将来の仕事に活かしたい人だけでなく、ペットやペットに関わる人の役に立ちたいと考えている人に向いている資格です。

ペット栄養管理士の試験を受けるための受験条件5種

ペット栄養管理士の試験を受けるための受験条件5種

ペット栄養管理士の試験を受けるには、以下5種類のいずれかに該当しなければいけません。

  1. ペット栄養管理士養成講習会のすべての教程(A・B・C)を修了した人
  2. 大学で指定の学部を修了した人
    ※栄養学の単位のある獣医学や畜産学、農芸化学のいずれかの課程を修めた人
  3. ペット栄養管理士特別認定校(専門学校)で動物看護師統一認定受験資格を有した
    ※卒業証書、または、在学証明書が必要
  4. 認定委員会が上記1~3と同等もしくはそれ以上の資格を有すると認定した人
    ※認定委員会が認定した資格の詳細は非公開
    ※持っている資格があれば直接日本ペット栄養学会に問い合わせが必要
  5. 平成14年1月開催の「ペット栄養管理者養成講習会」を受講した人
    参考:日本ペット栄養学会

ペット栄養管理士は、専門の学部や学校で勉強していなくても受験資格を得られます。

上述した5つのいずれかに該当すれば受験条件をクリアできるため、ペット栄養管理士養成講習会を修了して試験を受けている一般の人もいます。

ペット栄養管理士養成講習会で受験資格を取得する

ペット栄養管理士養成講習会で受験資格を取得する

ペット栄養管理士養成講習会は、栄養学の単位や専門の学校に在籍・卒業していなくても、ペット栄養管理士の受験資格を取得できる講習会です。

主催しているのはペット栄養管理士委員会で、講習会は毎年2回以上開催が義務づけられています。

講習会は、1月、6月、8月に東京のみで開催。会場や事務所、講師などの関係で他県では開催されません。

教程A・B・Cがある講習会は順不同で受講でき、最短1年で修了できます。

参考:ペット日本栄養学会

Webで講習会が開催される場合は1教程ごとに一定の期間が設けられているため、期間内に動画を視聴すれば1教程修了です。

しかし、現地で開催される場合は1教程ごとに2日間設けられているため、Web講習会より時間がかかります。

A・B・Cの教程は以下の内容を3等分にしたものです。

  1. ペットフード総論
  2. ペット基礎栄養学
  3. ペット臨床栄養学(衛生学含む)
    参考:日本ペット栄養学会

ペット栄養管理士養成講習会の3教程を修了すれば、専門の大学や専門学校に通ったり卒業したりしていない人でもペット栄養管理士の受験資格が取得できます。

ペット栄養管理士試験の難易度や開催時期は?必要事項をまとめて紹介

ペット栄養管理士試験の難易度や開催時期は?必要事項をまとめて紹介

ペット栄養管理士は、資格取得後も費用がかかる資格です。

そのため、試験の難易度や開催時期だけでなく、試験前に必要事項を把握しておくことが大切です。

  • 試験内容や開催時期は?
  • 試験の難易度や合格率、受験料を公開
  • ペット栄養管理士は試験合格後に登録費用がかかる
  • ペット栄養管理士の資格は3年ごとの更新が必要

一つずつ詳しく説明していきます。

試験内容や開催時期は?

ペット栄養管理士の試験内容はおおよそテキストから出題され、解答は100問のマークシート方式。持ち時間は2時間です。

ペットを飼っている人にとっては当たり前の問題でも、ペットを飼っていない人にはやや難しい内容があるかもしれません。

試験は1年間に3回行われ、3月、7月、12月に東京大学で開催されます。

ただし、2021年8月現在は環境の変化に伴い、試験会場や試験日が変更になっています。

今後も会場が変更になる可能性があるため、試験会場や試験日の詳細は日本ペット栄養学会のホームページで必ずチェックしておきましょう。

参考:日本ペット栄養学会

受験の難易度や合格率、受験料を公開

ペット栄養管理士の試験を受けた人の声を確認すると「難易度はそこまで高くない」と言われています。

前知識やペットを飼っているかどうかにもよりますが、大半は過去問題集から出題されているからです。

ただし、化学や生化学など人によっては普段関わることの少ない知識も必要なため、講習会の内容や一つ一つの問題をしっかり理解しておくことが大切です。

試験は何度でも挑戦できますが、対策するために試験に出題される過去問題集を熟知しておくと良いでしょう。過去問題集は1冊6,000円。受験料は10,000円です。

参考:日本ペット栄養学会

合格率を高めるためにも、講習会の内容や過去問題集はしっかり頭に入れておきましょう。

ペット栄養管理士は試験合格後に登録費用がかかる

ペット栄養管理士として認められるには、日本ペット栄養学会の名簿に登録しなければいけません。

登録するには日本ペット栄養学会に入会し、年会費と登録費用の支払いが必要です。

参考:日本ペット栄養学会

そのため、試験合格後にも追加費用が発生し、講習会や過去問題集などもあわせると総額53,500円(学生会員は50,500円)必要になります。

試験前後に必要な費用は、以下を参照してください。

料金 合計
試験前 初回費用(テキスト付き) 10,500円 38,500円

(認定校の講習会免除者:30,000円)

2~3回目(テキストなし) 各6,000円
※認定校の講習会免除者は、各教程につき2,500円で受講できる(テキスト代6,000円+送料/1冊は別途必要)
過去問題集 6,000円
受験料 10,000円
試験合格後 名簿の登録費用 10,000円 15,000円

(学生会員:12,000円)

ペット栄養学会の年会費 5,000円

※学生の場合:2,000円

総額 53,500円(学生会員:50,500円)

ペット栄養管理士の特別認定校(専門学校)で動物看護師統一認定受験資格を持っている人は、講習会免除 認定校生徒受講費として各教程の講習会に割引価格で参加できます。

テキスト代は別料金ですが、本来は講習会が免除されるため講習会費用が安く設定されています。

ペット栄養管理士の資格取得後に「費用が高かった」とならないためにも、あらかじめ必要な費用を理解しておくとよいでしょう。

ペット栄養管理士の資格は3年ごとの更新が必要

ペット栄養管理士の資格は、3年ごとに更新が必要です。

更新料は3,000円。

もし更新日までに登録証の更新ができなかった場合は、ペット栄養学会事務局に相談すると登録が継続できる可能性があります。

ただし、登録証を更新せずにいると登録が抹消される場合があるため、ペット栄養管理士の資格取得後は更新日までに手続きするようにしましょう。

また、日本ペット栄養学会を退会した場合は登録が抹消されて資格がなくなるので、注意が必要です。

ペット栄養管理士になる方法

ペット栄養管理士になる方法

ペット栄養管理士になるには、講習会以外にも以下の方法があります。

  • 専門学校に通う
  • 大学に通う
  • 通信講座で勉強する

講習会を受けずに試験を受けられる方法もあるため、一つずつ詳しく説明していきます。

専門学校に通う

専門学校に通う場合、専攻によってはペット栄養管理士養成講習会に参加していなくてもペット栄養管理士の受験条件をクリアできます。

受験できるのは日本ペット栄養学会認定委員会が定めた「ペット栄養管理士特別認定校(専門学校)」で、動物看護師統一認定受験資格を得た人です。
参考:2020年度 動物看護師統一認定試験 受験実施要項

受験条件に該当すると、2年生の10月から講習会免除でペット栄養管理士の試験に挑めます。

受験条件に該当するかどうかは専門学校の専攻により異なるため、注意しましょう。
参考:2021年4月13日時点 ≪受験可能校一覧(専修学校)2021年度講座概要

TCA東京ECO動物海洋専門学校の「動物看護福祉&理学療法専攻」は、学校内で唯一講習会に参加しなくてもペット栄養管理士の試験が受けられる専攻です。

術後管理や動物看護、食事管理などが学べるほか、Wメジャーカリキュラムを利用すると専攻以外の科目も追加料金なしで学べます。

たとえば、ペット栄養管理士に関わる小動物の病気や犬のお菓子作りなど、勉強したい科目を時間割に組み込めば、1つの専攻の学費で別の専攻の授業も受けられる仕組みです。

また「ドッグトレーナー専攻」や「ペットビジネス専攻」でも動物の健康管理やカフェ実習などが学べるため、他の職種を目指しつつペット栄養管理士としてサポートすることも可能です。

ペット栄養管理士養成講習会で各教程を修了するとペット栄養管理士の受験資格が得られるため、なりたい職業専門の専攻で学びつつペット栄養管理士の資格が取得できます。

大学に通う

大学に通う場合は、栄養学の単位のある獣医学や畜産学、農芸化学のいずれかの学部で学ぶと、ペット栄養管理士養成講習会に参加しなくても受験条件をクリアできます。

3年生の10月末から受験資格が得られますが、受験できるのは専門学校より1年遅くなります。

また、大学によっては一般常識やペット関連以外の授業が組まれている場合があるため、専門学校に比べると学びが緩やかになりがちです。

さらに、ペット栄養管理士養成講習会で学ぶ知識の一部を得られない可能性もあります。

大学の授業だけで知識が賄えない場合は、ペット栄養管理士養成講習会に参加することも視野に入れるとよいでしょう。

通信講座で勉強する

通信講座で勉強する場合、ペット栄養管理士に特化した講座はありませんが、ペットの食に関する講座は複数あります。

通信講座で学ぶメリットは、少ない費用で勉強できたり資格を取得できたりすることです。

ですが、ペット栄養管理士の受験資格を得るには、栄養管理士養成講習会の参加が必須です。

講習会は最短1年で修了できますが、人数制限があったり日付指定があったりするため、場合によっては2年必要になることもあるので注意しましょう。

2年時間を要すならば、直接動物と関わり、より深く学べる専門学校で受験資格を得た方が知識も技術も身につけられるためおすすめです。

ペット栄養管理士の求人は多い?就職先も紹介

ペット栄養管理士の求人は多い?就職先も紹介

ペット栄養管理士の求人は、多くありません。

そのため、初めは別の仕事に就きつつペット栄養管理士の資格を活かす方法をおすすめします。

ペット栄養管理士の資格が活かせる就職先をいくつか紹介します。

  • ペットショップ
  • ペットホテル
  • ペットカフェ
  • 動物病院
  • ペットフード製造販売企業

トリマーペットシッター動物看護師ドッグトレーナーアニマルセラピストなどペットに関わる仕事をしつつ、ペット栄養管理士の知識を発揮するのがおすすめです。

ペット栄養管理士の知識を活かせる職種は、以下サイトから確認できます。気になる職種をチェックしてみてください。

参考:ペット業界 | 動物・海洋・ペット業界コラム

ペット栄養管理士は独立・開業できる?

ペット栄養管理士は独立・開業できる?

ペット栄養管理士の資格を活かして、ドッグカフェやペットショップなどを独立・開業している人もいます。

カフェやペットショップなどを利用する人はペット好きのため、食べ物や健康管理などに興味を持っている人が大勢います。

そのため、別の仕事で開業し、プラスαのサービスとして店内で食事の作り方や選び方、健康管理の仕方などを教えることも可能です。

近年では、ネットビジネスも盛んになってきました。

宅配サービスを利用すれば、店舗にお金をかけずに良心的な価格でペットフードが販売できます。

また、ペットが集まる催し物に出店して商品を販売し、徐々に知名度を上げていく方法もあります。

TCA東京ECO動物海洋専門学校の「ペットビジネス専攻」や「ドッグトレーナー専攻」では、トリミングやドッグトレーニングなどの知識や技術を学びます。

ペットに関する知識や技術は充分得ているため、ペットカフェやペットショップを開業し、同時にペット栄養管理士としてサービスを提供していくのも夢ではありません。

資格取得後すぐには難しいですが、就職して知識や技術を磨いていけば独立・開業の道に近づいていけるでしょう。

ペット栄養管理士の月収や平均年収を紹介

ペット栄養管理士の月収や平均年収を紹介

ペット栄養管理士の求人は、それほど多くありません。

ペット栄養管理士の資格が関係する求人から月収や年収の平均を計算すると、月収は23万円、年収は340万円ほど。

サプリメント会社や食品開発関連の企業の年収は400万円ほどでした。
参考:indeed

どの求人もトリマーや動物看護師、商品開発担当者などがメインで、ペット栄養管理士を募集しているわけではありません。

ですが、募集要項にペット栄養管理士の資格が添えられているため、他の仕事で応募する際にペット栄養管理士の資格も持っていると有効活用できます。

ペット栄養管理士のみでは、なかなか求人を見つけられない可能性があります。

そのため、ペット栄養管理士のみの月収や年収は、上述した金額より少ない可能性があることも視野に入れておきましょう。

ペット栄養管理士の将来性は?

ペット栄養管理士の将来性は?

結論からお伝えすると、ペット栄養管理士の需要は高まっているため、将来性はあると考えられます。

ペットは、私たちにとって家族の一員というだけではありません。

令和元年6月に愛玩動物看護師法が制定され、介護や福祉、治療、教育などにも携わっているペット(愛玩動物)は、今や私たちにとってかけがえのない存在です。

また、平成19年に米国で販売されていたペットフードに有害物質が混入した事件がきっかけで、平成21年6月には愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)が施行されています。
参考:農林水産省

ペットフードの選び方や手作りフードがまとめられた飼い主のためのペットフード・ガイドラインも公開されています。
参考:環境省

日本のペットフード輸出量は年々増加しており、2020年の農林水産物・食品輸出額のうち、約47億円(0.5%)がペットフード。

ペットフードの需要が高まっているのが分かります。

引用:農林水産省 ペットフードをめぐる情勢

また、野生鳥獣による被害の深刻化から政府全体で野生鳥獣(ジビエ)の利用が推進され、ジビエを利用したペットフードも販売されています。

ジビエ利用料の推移

引用:農林水産省 ジビエペットフードをめぐる情勢について

ジビエのシカ肉は、ペットのダイエットやアレルギー、皮膚病などの療養食として注目されており、ペットの健康管理に一役買っています。

ペットフード商品開発にも携わることが可能なペット栄養管理士は、一般家庭でも作れる食事の作り方や選び方、健康管理など、正しい知識を伝えたり提供できたりする仕事です。

政府全体がペット(愛玩動物)の重要性を認識しているため、ペット栄養管理士の需要は今後も増えていき、将来性は充分あると考えられます。

ペット栄養管理士になって動物の未来を照らそう

ペット栄養管理士になって動物の未来を照らそう

ペット栄養管理士は、食事や健康を管理してペットの健康増進を図るのが仕事です。

あまり聞き慣れない仕事のため「資格取得後すぐにペット栄養管理士の仕事が探せるの?」と心配になる人もいるかもしれません。

ですが、他の職種と掛け合わせて資格を取得すると、プラスαの知識を提供できるため就職の幅が広がります。

TCA東京ECO動物海洋専門学校の「動物看護福祉&理学療法専攻」は、ペット栄養管理士の受験条件をクリアできる唯一の専攻です。

動物看護やリハビリなどの勉強もできるため、ペットの健康ケアにも携われるのが特徴です。

また「ドッグトレーナー専攻」や「ペットビジネス専攻」では、スイーツや料理の調理基礎を学んだりライフステージにあわせた栄養学や食事管理などを実践的に学んだりできます。

どちらの専攻もペット栄養管理士養成講座を受講すれば受験資格は得られますし、より深くペットの知識や技術を身につけられます。

全国7,500箇所以上のインターンシップ先があるTCA東京ECO動物海洋専門学校では、プロと一緒に一つの企画を作り上げる企業プロジェクトを実施中です。

入学前にMyスクールを体験すると、気になる分野の授業も受けられます。

「ペット栄養管理士に興味が湧いてきた」「ペットの食事や健康をサポートしたい」と感じた人は、公式サイトより密な情報が載っている無料資料をぜひ取り寄せてみてください。

ペット栄養管理士になると、ペットの健康をサポートし、飼い主と過ごす時間を増やすお手伝いができるだけでなく、仕事の幅も広がります。