動物・海洋・ペット業界コラム
海洋業界

水族館飼育員・解説員になるには?給料や仕事内容や資格を紹介!

水族館飼育員・解説員になるには?給料や仕事内容や資格を紹介!

「水族館で働くには?」

水族館はかわいい動物や魚がいっぱいいるので、幻想的な雰囲気で職場として憧れている方も多いのではないでしょうか。

では、水族館で働く水族館飼育員・解説員になるにはどうしたらいいのでしょう?

水族館で働くためのカリキュラムを用意している専門学校、水族館飼育員・解説員の給料や仕事内容、必要な資格を紹介していきます。

水族館での仕事に興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

水族館飼育員とは?解説員との違いを説明!

水族館飼育員とは?解説員との違いを説明!

水族館での仕事というと、飼育員を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、解説員という仕事もあります。

まず水族館飼育員と水族館解説員は、それぞれどのような仕事をするのか、何が違うのかをみてみましょう。

水族館飼育員

水族館飼育員の仕事は、水族館にいる生き物の飼育に関わる業務全般です。多くの水族館では、魚類と海獣類で担当が分かれ、さらに同じ魚類でも水槽ごとに担当が割り振られます。 また、お客様を楽しませるために様々な業務も行います。

具体的な業務をみてみましょう。

■生き物のエサやり
エサやりでは、それぞれの個体に行き渡るよう注意が必要です。 また、エサの準備も行います。「調餌(ちょうじ)」と呼ばれる作業です。魚たちが食べやすいように、エサを切ったり計量したりします。

■生き物の健康管理
生き物たちの健康を保つために、日々生き物たちを観察し飼育環境を整えます。水槽を巡回して、病気の予兆や異常がないかをチェックします。

病気になった生き物がいれば、別の水槽に移したり、薬を与えて看病したりします。また健康管理のために、水槽の水質チェックや掃除も欠かせません。 さらに、種の保存も水族館の役割のひとつです。工夫をして繁殖の成功を目指します。

■生き物の研究
毎日の飼育や観察の結果を記録し、生き物たちの生態を研究します。海の環境問題や自然保護活動にとっても、重要な仕事です。

■イベントの企画・運営
生き物たちの魅力がお客様に伝わり、お客様により楽しんでもらえるように、イベントを企画して実施します。

■ショー・トレーニング
イルカやアシカなどの海獣とトレーニングをして、ショーを行います。また、演出を考えるのも飼育員の仕事です。これらを専門的に行う、ドルフィントレーナー/海獣トレーナーと呼ばれる仕事もあります。

■採集
生き物が生息する川や海に行き、展示する生き物を採集します。

■解説
生き物たちの生態や特徴を、お客様に解説します。施設によっては、次に紹介する「水族館解説員」が専門的に行います

水族館解説員

飼育員の業務の1つである「解説」を専門的に行うのが、水族館解説員です。エサやりの時間やイベントなどで、生き物たちの生態や特徴をお客様に説明します。 飼育員が解説をする水族館もありますが、大きな水族館では、解説専門の解説員がいます。

生態などは専門的な話です。しかし、専門用語などで説明しても、お客様にとっては理解しづらいでしょう。

また、水族館の来場者には幼稚園児や小学生も多いです。難しい内容を、小さい子どもでもわかるよう工夫して説明するのが、解説員の腕の見せ所です。

水族館飼育員・解説員になるための条件は?必要な能力を解説

水族館飼育員・解説員になるための条件は?必要な能力を解説

水族館飼育員や解説員になるための、必須条件はありません。ただし、正社員として働く場合、四大卒や短大卒が条件となる場合もあります。

また、水様生物に対する知識は必ず求められます。

お客様を楽しませるホスピタリティも必要です。潜水したり水槽の清掃をしたりと力仕事も多いので、体力もあった方が良いです。

さらに「将来、水族館の運営にも携わりたい」という方は、マーケティングを学んでおくと役立つでしょう。マーケティングを学んでおくと「水族館をどのように宣伝していくのか?」という場面で役に立ちます。

水族館飼育員・解説員になるのに資格は不要!?

水族館飼育員・解説員になるのに資格は不要!?

水族館飼育員や解説員になるのに、必須の資格はありません。しかし、持っておくと役立つ資格があります。次の4つです。

  1. スキューバダイビング(Cカード)
  2. 潜水士
  3. 獣医師
  4. 学芸員

水族館によっては、これらの資格を必須条件としています。それぞれ見ていきましょう。

1.スキューバダイビング(Cカード)

1つ目は、スキューバダイビングのライセンス、正式名称「Cカード」です。民間の指導団体が発行しており、国家資格ではありません。認定証という扱いです。

Cカードは、ダイビングの知識や技術があることが証明できます。そのため、水中での作業も多い水族館への就職では、アピールポイントになるでしょう。

2.潜水士

2つ目は、「仕事として水中に潜る時に必要になる資格」の潜水士です。ダイビングライセンス(Cカード)とは異なり、厚生労働省が認定する国家資格となっています。

潜水士も、採用時に潜水のスキルをアピールできます。

3.獣医師

3つ目は、獣医師です。獣医師になるには、6年制の獣医系の大学に進学した上で、獣医師国家試験に合格する必要があります。

獣医師免許を持っていれば、水族館で生き物が病気になった際に、自分で治療を行うことができます。

4.学芸員

最後は学芸員です。学芸員も国家資格のひとつです。学芸員になる方法は、大きく分けて2つあります。

  • 大学で文部科学省令の定める博物館に関する科目の単位を修得する
  • 学芸員資格認定を合格する

水族館での学芸員の仕事は、生き物の生態観察や、お客様への解説などです。また生き物をより魅力的に見せるために、水槽や環境、見せ方の工夫をします。

水族館飼育員・解説員を目指せる学校

水族館飼育員・解説員を目指せる学校

水族館飼育員・解説員として働くためには、学校で生き物について学んでおく必要があります。

そこで続いては、水族館飼育員・解説員を目指せる学校をご紹介します。大学、短大、専門学校に分けてみていきましょう。

①大学

大学から水族館飼育員・解説員を目指す場合、次の学部がある大学を選びましょう。これらの学部がある大学は全国にあります。

水産学部、海洋学部、農学部、畜産学部、獣医学、動物看護学、水産学など

また、獣医師を目指す場合は、獣医学科がある大学に行きましょう。動物に特化した病理学や薬理学、食品衛生学などを学び、試験合格を目指します。

獣医学科がある大学は全国に16校あります。ただし、卒業まで4年かかります。

②短大

水族館飼育員・解説員を目指せる短大は、ヤマザキ動物看護専門職短期大学の、動物トータルケア学科のみです。

③専門学校

水族館飼育員・解説員を目指せる専門学校は、全国にあります。

専門学校でも、動物全般について学ぶ学校や、自然・野生動物を重視した学校など、得意分野はさまざまです。「水族館で働きたい」と決めている方は、水生生物についてより詳しく学べる学校を選ぶとでしょう。

TCA東京ECO動物海洋専門学校では、水生生物に関わる仕事に特化した専攻コースがあります。名古屋、大阪にも展開しています。

実習が豊富な学校を目指すのがおすすめ

実習が豊富な学校を目指すのがおすすめ

水族館飼育員・解説員を目指すなら、たくさん実習ができる学校に行くのがおすすめです。実習では、座学では学びづらい多くのことを学ぶことができます。

実際の体験から学ぶことは多く、就職の際も実習を積んだことがアピールできるからです。

生き物が生息する海や川でのフィールドワークでは、生き物の生態をより詳しく学べるでしょう。さまざまな水族館の見学をすると、現場で使える実践的な知識や技術を身につけることができます。

このような実習を積むことで、狭き門である水族館への就職でも有利になります。

水族館飼育員・解説員の就職先は?採用試験はある?

水族館飼育員・解説員の就職先は?採用試験はある?

水族館飼育員・解説員の主な就職先は、やはり水族館です。しかし、水族館だけではありません。次のような就職先もあります。

  • 海洋生物調査関連施設
  • ホエールウォッチング施設
  • ダイビングショップ
  • 動物園、動物テーマパーク(海獣・水生生物の展示がある施設)
  • アクアショップ(熱帯魚ショップ)

主に水生生物の飼育や繁殖、保護、または観賞魚の販売を行う場です。水生生物に関する知識が活かせるでしょう。

水族館でも他の施設でも、一般的に就職には採用試験があります。

水族館では定期的な採用はなく、欠員が出たら募集をかける施設が多いです。一方で希望者は多いため、倍率は高くなります。チャンスを逃さないためには、日ごろから準備しておくことが大切です

また水族館には、公立水族館と民間水族館があります。公立水族館で働きたい場合、地方公務員試験を受ける必要があります。

水族館飼育員・解説員の年収はいくら?気になる給料を解説

先ほどお伝えしたとおり、公立水族館の正職員は公務員です。そのため、公立水族館で働くには、地方公務員試験に合格する必要があります。

ところが、飼育業務を外部委託する公立水族館も増えています。飼育業務を請け負う団体に就職して公立水族館で働く、という道もあります。

水族館飼育員・解説員の1日の生活は?

水族館飼育員・解説員の1日の生活は?

続いて、水族館飼育員の1日のスケジュールを見てみましょう。こちらでは、一例をご紹介します

 7:30 出社
 8:30 水槽の見回り
 8:50 ミーティング
 9:00 バックヤードの見回り、掃除
 10:00 調餌、エサやり
 12:00 昼休憩
 13:00 ミーティング
 13:30 エサやり、掃除
 16:00 水槽の見回り
 18:00 日誌を書いて、帰宅

水族館解説員でも、大まかなスケジュールはほぼ同じです。ただ、日中の仕事は解説がメインとなります。

基本的に残業は多くありません。しかし、イベントや、生き物の体調不良などのトラブルがあると、遅くまで仕事をします。

また、公立と私立でも勤務時間が異なります。公立水族館は17~18時までの営業が多いのに対し、私立水族館には20時ごろまで開館している施設もあるためです。

水族館飼育員・解説員のやりがいは?楽しいこと・大変なことって何?

水族館飼育員・解説員のやりがいは?楽しいこと・大変なことって何?

水族館飼育員・解説員として働くと、どのような楽しいことや大変なことがあるのでしょうか。それぞれみてみましょう。

水族館飼育員・解説員の楽しいこと

水族館での仕事では、次のような楽しさややりがいがあります。

■毎日新しい発見がある
生き物が相手なので、日々の飼育や研究では、毎日のように新しい発見があるでしょう。発見をもとに研究して、成果を出せば評価もされ、大きなやりがいになります。

■お客様に喜んでもらえる
生き物だけでなく、人との関わりも多い仕事です。自分の解説を聞いたお客様が、生き物への理解を深めたり、より強く興味を持ってくれたりすると、喜びにつながります。

■大好きな生き物に関われる
何より楽しいのは、大好きな生き物たちに囲まれて仕事ができる点でしょう。だからこそ、大変なことがあっても、やりがいを感じながら仕事ができるのでしょう。

水族館飼育員・解説員の大変なこと

楽しいだけでなく、大変なことも多いのが水族館での仕事です。多くの飼育員は、次のような点が大変だと感じています。

■生き物たちの死に向き合わなければならない
多くの生き物を飼っている水族館では、毎日のように生き物が死んでしまいます。特に、担当した生き物が死んでしまう時はつらい思いをするでしょう。しかし、すぐに気持ちを切り替えて、次の作業に取り組む必要があります。

■年中あかぎれになりやすい
水族館では水に触れる作業が多く、冬は寒さとの戦いです。飼育員の多くは、1年中あかぎれで、手を真っ赤にしています。

■腰痛に悩まされる場合がある
腰痛になる飼育員もたくさんいます。力仕事が多く、狭いバックヤードでは無理な体勢で作業することもあるためです。

水族館飼育員・解説員に向いているのはどんな人?

大きなやりがいのある水族館飼育員・解説員に向いているのは、次のような人です。

  • 生き物が好き
  • 人と話すことが好き
  • 客観的になれる

それぞれ順番にお伝えしてきます。

生き物が好き

一番大切なポイントです。水族館では、担当する生き物が変わることもあります。そのため「魚が好き」という方も、魚だけでなく、水族館にいるすべての生き物に関心をもてると良いでしょう。

人と話すことが好き

他のスタッフと連携して業務に取り組む際や、接客の際にはコミュニケーションが欠かせません。そのため、人と話すことが好きな人は向いています。

客観的になれる

生き物に愛情を持って接することは大切です。しかし、時には感情に流されず、客観的に状況を見て行動する必要があります。

水族館飼育員・解説員の将来性は?

水族館飼育員・解説員の将来性は?

水族館飼育員・解説員の将来性は、明るいと言えます。その理由は、2つあります。

1つめの理由は、水族館には全年齢が対象で来場者数も多いからです。そのため、少子高齢化の影響を受けづらく、今後も工夫次第で来場者数を伸ばせるでしょう。

2つめの理由は、水族館には学問における役割もあるためです。

水族館には、博物館法の「博物館相当施設」に指定されている施設があります。これは、人々の生涯学習を支援する役割を担い、希少生物の保護や調査、環境教育などに注力していることを示します。

このように、水族館の将来性は高いと言えます。そのため、水族館で専門性を持って働ける飼育員や解説員の将来性も明るいと予想できます。

まとめ:水族館飼育員・解説員に興味があるなら第一歩を踏み出してみましょう

まとめ:水族館飼育員・解説員に興味があるなら第一歩を踏み出してみましょう

水族館飼育員・解説員について、仕事内容ややりがい、将来性などをお伝えしました。大変だけれど、それ以上にやりがいが大きく、将来性も明るい仕事です。

あわせてご紹介したのが、水族館飼育員・解説員になるために必要な知識やプロセスです。実習を積んだり資格を取得したりすると、就職でも有利になることがわかりました。

狭き門である水族館に就職するには、このように必要な知識・スキルを学校で身につけておくことがとても大切です。もちろん学んだことは、実際に現場でも役立つでしょう。

ここで重要となるのが、学校選びです。必要な知識・スキルを学べる学校を選ぶ必要があります。

「水族館で働きたい!」という方におすすめの学校は、本文でもご紹介した、TCA東京ECO動物海洋専門学校です。

実習が多く、さまざまな経験を積むことができるからです。マーケティングや水族館のデザインなどの授業もあるので、水族館で働く上で必要な知識を幅広く学ぶことができます。

少しでも水族館飼育員・解説員に興味がある方は、ぜひ水族館・アクアリスト専攻のページを詳しく見てみてください。

大好きな生き物たちに囲まれた日々に向けて、第一歩を踏み出してみませんか?